女性ホルモン 酵素

女性ホルモンと酵素の関係

酵素が不足すると、女性にとっていいことは一つもありません。

 

酵素不足は、女性の美容と健康によいといわれる
「エストロゲン」まで減少させてしまうのです。

 

エストロゲンは、女性らしさを表すホルモンで、
女性特有のお悩みの解消や軽減に効果があります。

 

エストロゲンの分泌量は、20歳代〜30歳代が頂点で、
30歳代半ばを過ぎると徐々に減少してきます。

 

そして、45歳頃には急激に減少してしまいます。

 

エストロゲンは、分泌されすぎると、乳がんや子宮がんのリスクが高まります。

 

逆にエストロゲンが減少すると、更年期障害をもたらしたり、
コレステロール(エストロゲンの材料)を溜め込もうとして
太ってしまうこともあります。

 

さらに、PMS(月経前症候群)、生理痛、生理不順、不妊、
高コレステロール血症、動脈硬化、骨粗しょう症などの原因にもなるのです。

 

 

エストロゲンを作るには、酵素、ビタミン、ミネラルが必要なので、
酵素が不足していると、エストロゲンは作られないわけです。

 

すると、代謝は低下し、皮下脂肪が増加してしまうのです。

 

さらに質の悪い油を摂りすぎると、
善玉コレステロール(エストロゲンの材料)が減少してしまいます。

女性の悩みの対策

女性特有のお悩み。

 

これらの対策は、「酵素」を含む食事をたくさん摂ることです。
普段から、酵素を意識して食事をするようにしましょう。

 

それから、もう一つ。

 

女性は生まれた時から「脂肪分解酵素」や「糖質分解酵素」が
十分でない人が多いといいます。

 

ですから、それらを特に多く含む食材を食べましょう。
例えば、アボカド、セロリ、海藻といった食材です。

 

 

さらに、大豆食品もおすすめです。

 

大豆イソフラボンは、エストロゲンの減少を抑える効果があります。
例えば、豆腐、豆乳、納豆などに含まれています。

 

また、大豆イソフラボンと一緒に、果物を食べてビタミンCを取りましょう。
美肌効果で有名なコラーゲンを作り出してくれます。

 

なお、前述したように、女性が好きなお菓子や揚げ物は避けましょう。
これらには、リノール酸がたくさん含まれています。
リノール酸は、善玉コレステロール(エストロゲンの材料)を作りにくくしてしまいます。

 

なお、αーリノレン酸などの油は、リノール酸の悪いところをカバーしてくれるので、
一緒に摂るとよいでしょう。

 

>>女性の大敵「むくみ」。このむくみにも酵素は効きます

酵素ドリンク人気ランキング

女性ホルモンと酵素の関係関連ページ

シミ・シワにも酵素は効く
シミ・シワの原因は、日焼けだけではありません。酵素不足がシミ・シワにも影響しているのです。
むくみ解消に効く酵素
むくみの原因の一つは新陳代謝が悪いこと。酵素をたっぷりとって代謝アップを促進しましょう。