肥満の原因 酵素 効果

肥満とは

「肥満」というと、一般的に体が太っていることを言いますが、
医学的に「肥満」とは、「脂肪が一定以上に多くなった状態」のことを言います。

 

人体は、様々な物質によって作られているわけですが、
主に、水分、筋肉に多い糖質・たんぱく質、骨に多いミネラル、
そして脂肪からできています。

 

肥満は、この中の「脂肪」の割合が多すぎるということなのです。

 

肥満には、体のどの部位に脂肪が溜まるかによって、
内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の2種類があります。

 

>>「内臓脂肪型肥満」・「皮下脂肪型肥満」の違いを見る

 

 

なお、たとえば、スポーツ選手など筋肉や骨の割合が多い人は、
体重が重くても、脂肪は少ないので、肥満とは言いません。

 

肥満の判定には、一般的に「BMI」や「体脂肪率」がよく使われます。

 

>> 「BMI」・「体脂肪率」の詳細を見る

肥満の原因と酵素で痩せる理由

肥満の原因には、諸説がありますが、
酵素栄養学において、肥満の最大の原因は、
「酵素不足によって引き起こされる栄養失調」と考えられています。

 

酵素が不足すると消化不良が起こり、
消化しきれなかった残留物質は腸内で腐敗し、悪玉菌の餌になります。

 

すると、腸の働きが鈍り、良い便が出なくなり、
老廃物を体の外にスッキリと出せなくなってしまいます。

 

このような状態が続くと、「細胞便秘」という状態になり、
やがて細胞自体の代謝も悪くなり、太りやすい体質になってしまうのです。

 

逆に、既に肥満の状態である場合は、
体内に不足してしまった酵素を増やし、代謝をアップさせれば、
健康的に痩せることができるというわけです。

 

つまり、「酵素で痩せられる」ということになるのです。

 

>>酵素はどうすれば増えるのでしょうか?その方法は・・・

酵素ドリンク人気ランキング

肥満の原因・酵素 効果関連ページ

BMI・体脂肪率
肥満の判定基準である、BMIや体脂肪率のミニ知識をご紹介します。
内蔵脂肪型肥満・メタボ・かくれ肥満
内臓脂肪型肥満・皮下脂肪型肥満・メタボリックシンドローム・かくれ肥満のミニ知識をご紹介します。